SPRINGフォーラム「サービス産業の重要性と関連政策」

~経済産業省の最新政策動向より~


 サービス産業は、今やGDPの約3/4を占め、日本経済全体に与える影響が大変大きな存在です。そのサービス産業も昨今の人手不足の影響から、これまで以上に「生産性向上」が求められておりますが、どの企業もその対応に苦慮していることと存じます。
 そのような中、政府は2017年12月にまとめた「新しい経済政策パッケージ」の中で「2020年までの3年間を「生産性革命・集中投資期間」として、大胆な税制、予算、規制改革等の施策を総動員する。」と発表しています。近年、IoT、ビッグデータ、ロボット、人工知能などの新しいイノベーションの登場は、エネルギー環境制約など様々な社会課題の解決を可能とし、単なる効率化・省力化にとどまることなく、これまでにない革新的なビジネスやサービスを、次々と生み出しています。この生産性革命を、わが国が世界に先駆けて実現することを目指し、企業等の設備・人材投資の加速や、個人の力を引き出す雇用・教育環境の整備、イノベーションの促進等を行うこととしています。


開催概要

日時 10月30日(火) 15:00~17:00  
内容 【日時】
2018年10月30日(火)15:00~17:00

今回のSPRINGフォーラムでは、これらのサービス産業の生産性向上への取り組みの現状について、政策をご担当いただいているお立場からお話を頂戴いたします。 ご講演とともにご参加の皆様との質疑応答、意見交換も予定しています。皆様の積極的なご参加をお待ちしています。
 
【講演者】
経済産業省 商務情報政策局 サービス政策課長 浅野大介 氏   
参加費 無料 
会場
〒100-0005 東京都 千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル6階
定員 50名程度 ※定員に達し次第、締め切らせていただきます。 申込受付中
対象  
主催・共催 主催:サービス産業生産性協議会(SPRING)
後援
協賛
パンフレット ダウンロード
備考  

お問合わせ

サービス産業生産性協議会(SPRING)事務局 担当:加藤・相見・湯浅
TEL:03-3511-4010 
住所:〒102-8643 東京都千代田区平河町2-13-12(公財)日本生産性本部内