「CS向上を科学する」セミナー1.29.2020

~戦略的「サービス・デザイン」の見直しの重要性と、その方法~


 サービス産業生産性協議会では、生産性向上のためには、省力化によって「投入」(インプット)を小さくするという効率性の追及だけでなく、「産出」(アウトプット)を大きくするための付加価値の高いサービスの提供が重要であると考えています。
 本セミナーでは、SPRINGのコラム「CS向上を科学する」を連載している講師により、付加価値向上の一手段として重要となるCS向上の為に、目に見えないCSの本質をロジカルに理解し、戦略的な「サービス・デザイン」の見直しの必要性とその具体的な方法を解説します。


対象:
・サービスや営業の改革、CS向上のご担当者・責任者の方
・サービス業務ご担当者・責任者の方 (営業部門、サービス部門、コンタクトセンター部門など)
・サービス人材育成のご担当者・責任者の方 (人材育成教育部門、サービス評価部門など)

過去のセミナーでは「組織的にサービスレベルを高めたい」「全社的な活動を進めたい」という課題を持ってご参加頂く事が多く、その役割を担う部門長やグループリーダーの方に多くご参加頂けています。

開催概要

日時 2020年1月29日(水)13:00~14:30  
内容 【内容】
1.全ての産業で進むサービス競争
 ・サービスで満足していただくのがなぜ難しいのか  
 ・サービスの組織力を伸ばす2つのポイント

2.サービスを科学する(分類・分解・モデル化する)
 ・サービス品質向上は6つに分解して考える  
 ・サービスプロセスをモデル化する

3.サービスと顧客満足の本質とは
 ・サービスと顧客満足を定義する
 ・事前期待で顧客セグメントを定義する

4.CS向上の努力のしかた
 ・CS向上の努力の方向性
 ・リピートオーダーを得る、ロイヤルカスタマーを作るには

5.サービス成功のポイント
 ・サービス成功のポイント
 ・サービスの本質の理論をどう実務に活かすか

※自社で活かす為の実践的な演習を実施
    
参加費 無料 
会場
〒102-8643 東京都 千代田区平河町2-13-12
定員 25名程度 ※定員に達し次第、締め切らせていただきます。 申込受付中
対象  
主催・共催 主催:サービス産業生産性協議会(SPRING)
後援
協賛
パンフレット
備考  

松井サービスコンサルティング
代表
松井拓己 氏
サービス改革の専門家として、業種を問わず数々の企業を支援。国や自治体、業界団体の支援や外部委員、アドバイザーを兼務。業種を越えたサービスの専門家としてメディア取材を受けるなど、様々な方面で活躍。株式会社ブリヂストンで事業開発プロジェクトリーダー、約170名の専門家が集うワクコンサルティング株式会社の副社長およびサービス改革チームリーダーに従事した後、現職。

  代表著書 「日本の優れたサービス」シリーズ

お問合わせ

サービス産業生産性協議会(SPRING)事務局 担当:鈴木、吉田、長田、浅野
TEL:03-3511-4010 
住所:〒102-8643 東京都千代田区平河町2-13-12(公財)日本生産性本部内