SPRINGシンポジウム2016 in 札幌


 日本の雇用者やGDP全体の約70%を占めるサービス産業の生産性を向上させるために、安倍政権は経済成長戦略をまとめた「日本再興戦略~Japan is Back」の中で当協議会の活動を国民運動の基盤と位置づけました。また、昨年に改訂された「日本再興戦略~未来への投資・生産性革命」では、ローカル・アベノミクスの推進によるサービス産業の活性化・生産性の向上などが明記されました。
 当協議会では、本シンポジウムを日本再興戦略の具体的な活動展開の一環として、サービスイノベーションの「目的」「方向性」「成すべきこと」などを広く、深く考える機会や場となるよう企画致しました。イノベーションに関する有識者や優れた経営者の見識や哲学、さらには高い付加価値を創出するビジネスモデルの成功事例、具体事例から多くの生きた示唆が得られるものと期待しております。サービスイノベーションを担われる各界各層からの、多彩な皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。
                                        サービス産業生産性協議会(SPRING) 

戻る

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

開催概要

日時 開催日時:2016年8月30日(火) 13:30-17:00    ※申込受付期間:5/30(月) - 8/29(月)
内容 【ご挨拶】
  ◆公益財団法人日本生産性本部 理事長 松川 昌義
  ◆経済産業省 北海道経済産業局
【基調講演】 「旅行業のサービスイノベーション」 
         株式会社ジェイティービー 代表取締役会長 田川 博己 氏
【事例研究】 「サービスイノベーションのベストプラクティスから学ぶ視点」
「サービスイノベーションの課題」
         サービス産業生産性協議会 シニアフェロー 佐藤 正春
事例1:「きめ細かい旅館サービスを効率的に実現するクラウドアプリケーション」
         株式会社陣屋コネクト 代表取締役 宮﨑 富夫 氏
事例2:「社会貢献型移動スーパー『とくし丸』」
         株式会社とくし丸 代表取締役 住友 達也 氏
   
参加費 【参加無料】 
会場
〒060-0003 北海道 札幌市中央区北三条西1-2-9
TEL:011-221-4411
・JR札幌駅より徒歩約7分
・JR札幌駅から地下道を経由し、地下鉄「東豊線さっぽろ駅」21番口より徒歩約1分
・新千歳空港より車で約70分、バスで約90分
定員 100名 
対象  
主催・共催 主催:サービス産業生産性協議会(SPRING)、公益財団法人日本生産性本部
共催:北海道生産性本部
後援 経済産業省北海道経済産業局、北海道、北海道経済連合会、北海道中小企業家同友会、北海道観光振興機構、札幌商工会議所、サービス学会
協賛
パンフレット ダウンロード
備考  

戻る

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

13:45-14:30
基調講演 「交流文化事業の進化とDMC戦略」

株式会社ジェイティービー 代表取締役会長
(サービス産業生産性協議会 幹事)
田川 博己 氏
「2020年ビジョン」として、アジア市場においてNo.1の地位を確立し、長期的・安定的な成長を可能とする基盤の完成を目指すJTBグル-プ。JTBグループの成長戦略である交流文化事業の推進にあたり、DMC(デスティネーション・マネージメント・カンパニー)戦略とグローバル戦略、さらに人財戦略についてお話いただきます。
14:45-17:00
【日本サービス大賞の事例研究】
サービスイノベーションと「優れたサービスをつくりとどけるしくみ」

サービス産業生産性協議会シニアフェロー
(元富士通総研社長)
佐藤 正春
事例1 「きめ細かい旅館サービスを効率的に実現するクラウドアプリケーション」

株式会社陣屋コネクト 代表取締役
宮﨑富夫 氏
鶴巻温泉・元湯陣屋が実現した、スタッフ間の情報共有・データ一元管理/分析の大幅な効率化のノウハウを、他の宿泊施設に提供する陣屋コネクト。180施設に導入したクラウドアプリケーションについてお話いただきます。
事例2 「社会貢献型移動スーパー『とくし丸』」

株式会社とくし丸 代表取締役
住友達也 氏
買い物弱者に商品・サービスを届けるため、販売パートナー、地元商店と共に展開する日本初のモデルの移動スーパー「とくし丸」。契約者への週2回の巡回訪問など、社会貢献性の高いビジネスについてお話いただきます。
<第1回 日本サービス大賞 農林水産大臣賞 受賞企業>

戻る

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

サービス産業生産性協議会(SPRING)事務局 担当:広瀬・加茂
TEL:03-3409-1189 FAX:03-3409-1187
住所:〒150-8307 東京都渋谷区渋谷3-1-1(公財)日本生産性本部内